五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

すべてを捨てて神を呼ぼう

投稿日:2016年2月21日(日)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(前略)なんにしても、業生の因縁因果の波を超えねば、この地球世界のこれ以上の進化は望めないのですから、因縁因果を越える方向に、日本の進路をしっかりと定めねばならぬのです。

ですから、業生の中で右往左往しているこの肉体人間そのものを、神さまの慈悲のみ心の中に投げ入れてしまうより他に、なんら救われの方法もないのです。

「神さま、神さま、神さま」、気取りも格好もすべて投げ捨てて、今こそ真剣に、神さまを呼びつづけるのです。

神さまは、この地球世界を救おうとなさって、救世の大光明として、人間一人一人の近くに天降ってきておられるのです。

世界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
私たちの天命が完うされますように
守護霊さま、守護神さま、ありがとうございます

私たちはこの唱え言の生活の中で、様々な神々の慈愛を心身に受けています。

かなり多くの人々が、大きな力をいただいているのです。

自分を救い、日本を救い、世界人類を救う方法を知っているなら、その方法をやればよいでしょう。

しかし、神々の救済の力を得なければ、この地球世界は救われないことは、因縁因果の法則の示すとおりなのです。

祈りによって神々との交流を計り、神人合一の力で地球の危機を救うことより、他の方法のないことを、人々は心を開いて思いみて下さい。

一日も早ければ早いほど、あなたも、日本も人類そのものも、傷つくこと少なく救われるのです。

五井昌久著『聖なる世界へ』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.