五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』


七つの心で一人の人

calendar

(前略)

人間が普通、心は一つよりない

と思っているようだが、

心は、宇宙神の心から始まって、

直霊(人間界における神)の心、

分霊の心、

肉体界の心、

肉体界の心のほかに、

直霊と位を同じくする

守護神の心、

それに各個人個人に

常に付き添っている

守護霊の心との

七つの心があるのである。

この守護霊の心に素直な人が、

神に素直であることになり、

その人の進歩を

促進させるのである。

(後略)

五井昌久著『神と人間―安心立命への道しるべ』より

こちらの記事もどうぞ

folder 著書

more...

folder 詩・詞

more...

folder 講話(書き起こし)

more...