五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』


calendar

花を散らして吹き去ってゆく時

風は全く済まなそうに

砂塵の中に体を丸め

川の波となって消えていった

花は散りながら

私はこれでよいのです

この姿も私の美の一つなのですと

優しい笑みを浮かべて地上を舞ってゆく

四月の午後の川辺のこうした自然の風光の中で

私は世界平和の祈りの歌を口ずさむ

         〇

祈り心の浸み透った

聖ヶ丘の庭土の

何と云う輝きだろう

今朝もぽっかりと

チューリップの芽を生み出して

春のいろを人々に満喫させる

土のいのちのこの美しさよ

五井昌久著『純白―五井昌久詩集』より

こちらの記事もどうぞ

folder 著書

more...

folder 詩・詞

more...

folder 講話(書き起こし)

more...