五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

夫婦生活と祈り

投稿日:2016年6月17日(金)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(前略)

人間が一人生まれてくるということは、守護霊と守護神がともに働いて、魄(※ぱく、肉体要素)を呼び寄せる。

肉体要素は大地に還って埋まっている。

それを引き出して、母親の中へ、精子を通して入れてやるわけです。

入れたところで霊魂を呼び寄せて、中へ入れるんです。

だから赤ちゃんを産む時には、おなかに入る時には、本当に祈りの気持ちで入れなければいけませんね。

夫婦生活も祈りの気持ちで、世界平和の祈りをしながらするようにしなければいけませんね。

もし間違った想いでもってした時には、後でおなかに赤ちゃんが入ったら、一生懸命、世界平和の祈りをするんですよ。

そうしないと、守護神や守護霊がちゃんと働けないんです。

守護神、守護霊がいい肉体要素を入れてくれて、霊魂とピタッと合わせてくれるためには、守護霊や守護神と母親に入る霊魂と、両親の想いとが、みんな一体になって、うまく引き寄せるようにしないといけない。

だから胎教というのが大事だというでしょう。

胎教というのは、お腹の中にいる時の教育という意味ですが、これが大事だというのはどういうことかというと、守護霊、守護神とぴったり合うため、あるいは、入ってくる分霊と想いが合うためなのです。

そうすると、いい分霊がいい要素を持って入ってくるのです。

(後略)

五井昌久著『講話集〈1〉神様にまかせきる (講話集 1)』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.