五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

誰もが神人になれる(後半)

投稿日:2016年12月28日(水)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(つづき)太陽が照っているけれど、雲が出ているために太陽が見えないだけなんです。

雲は勝手に去ってゆくだけでしょ。雲が勝手に現れて消えてゆくだけでしょ。太陽は雲を消そうとも思っていない。ただ光っているだけです。

ところが人間は自分一人では光れないから、世界平和の祈りの中に入って、守護の神霊と一つになって光るわけです。

そうすると、雲はどんどん消えてゆく姿で消えてしまう。

知らない間に自分の姿が光り輝いて出てきて、だんだん大きくなってゆくわけです。

皆さん一人一人がそうなれば、世界平和はたちまち出来るんですよ。それを、私が口をすっぱくして、同じことをいつも言っているわけです。

これは頭でわかってもダメなんです。心でわからないと十分でない。行わなければダメなんですよ。

だから今日の話を聞いたら、「いつも先生から同じことを聞いているんだけれど、ああ、私は今日からやりましょう!世界平和の祈りをやりましょう!自分を責める想いが出たら、ああ、これは消えてゆく姿なんだ、世界人類が平和でありますようにと祈りましょう。不安なことがあったら、ああ、これも消えてゆく姿なんだ、業が消えてゆくんだ、世界人類が平和でありますようにとやりましょう」というふうに、なんでもかんでも、みんな世界平和の祈りの中へ投げ込んじゃうのです。

そうすると、世界平和の祈りとして働いている“救世の大光明”が、みんな引き受けて消してくれるのです。

きれいに浄めて消してくれます。(後略)

五井昌久著『講話集〈2〉みんな救われている (講話集 2)』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.