五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

いのちそのままを生かすためには

投稿日:

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(前略)いのちがそのまま生きていることが一番いいわけです。

いのちそのまま生かすためには、肉体にとらわれ、想いにとらわれ、言葉にとらわれ、うまくやらなきゃいけない、こうしなきゃいけないという想いを、思慮分別をいっぺん無くすことです。

そうしない限りは、その人はその道の達人になりません。

それで、宗教の道、祈りの道というのは、すべてが達人になる、立派な人になるためのものなのです。

何をやっても、誰にでも負けない者になるためには、やはり”とらわれ”がなくなることです。

だから私は、とらわれになるようなことは一切言わないようにしているんです。(後略)

五井昌久著『空即是色―般若心経の世界』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2018 All Rights Reserved.