五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

Tさんの体験談 ~ 病気が治る秘訣の三つの約束①

投稿日:2017年3月7日(火)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

< Tさんの体験談 >

「個人指導の時、先生が“今日は病気が治る秘訣を教えてあげましょう。三つの約束ができますか?”とおっしゃいましたから、“ハイ、先生のおっしゃることなら、なんでも約束できます”とお答えしました。

私は夢であっても、先生のことなら100%信じ、100%いうことを聞き、大変素直なんです。

“あなたは患部を触って、こんなに大きくなって、一体どこまで大きくなるんだろうかと心配ばかりしている。だからいけない。

明日から絶対に患部に触ってはいけない。それが一つ。

二つ目は、私がお浄めで病気の想いを消してあげても、あなたは“病気だ病気だ”と家に帰ると思う。

“私は病気だからいつごろ死ぬのかな”と、カレンダーを見れば、“私の寿命はいつかな”と思い、先生が消せば、そばから“病気だ病気だ”と思っている。

それではいくら消してもかぎりがない。もう明日から、決して病気だと思っちゃいけない。

三つ目は、あなたはあと一ヶ月で死ぬか、三ヶ月で死ぬかと思っているけれど、人のいのちは、神よりほかに知らない。

丈夫で歩いている人だって、あと5分後のいのちかもわからない。今夜にも自動車にはねられたり、ガス中毒で死ぬかもわからない。

そうかといって、今寝ている人が十年二十年生きるかもわからない。

だからもう、“今日一日のいのちなんだ”と思って、半年後だの三ヶ月後だのと考えることは絶対にやめなさい。

あなたは今日一日、夜まで(のいのち)だと思いなさい”

先生に言われて、“約束します”と申し上げました。(つづく)

五井昌久著『講話集〈2〉みんな救われている (講話集 2)』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.