五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

完全な解脱について④

投稿日:2017年5月12日(金)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(つづき)それはなぜかというと、自分がどんな高い地位にいても、平気で貧しい人とでも話せるし、若い人とも話せるし、年寄りとも話せるし、誰とでもいつでも心が交換出来るような自由な心になることが、宗教の極意なんですよ。

どの世界に住んでも、例えば地獄に住もうと、霊界に住もうと、神界に住もうと、何処に住もうと自由で把われがないという心にならなければ、本当の解脱というわけにはいかないんです。

一つの固まった行をしなきゃ淋しいような、行をしていなきゃ自分が頼りないような、それじゃあ解脱していませんね。

何をしなくったって、どうしたって、自由自在ということにならなきゃいけないのだ、だけれども、そこへ行くのが大変だ。

そこで私は、あらゆる想い、「悟った」という想いも、「ダメだ」という想いも、「相手が悪い」という想いも、「自分が悪い」という想いも、「失敗した」という行ないも、”すべて消えてゆく姿なんだ”というのです。

この世に現われて、どんなに偉そうに見えたって、偉くなさそうに見えたって、そんなものはどっちにせよ消えてゆく姿。

在るものは何かというと、宇宙神の光が流れて来ている。

流れて、そのまま生かされている。

生かされていることと、生きているということがまったく一つになっている境遇、そういう境遇が一番尊い境遇だ。

だからその他のあらゆるものは、消えてゆく姿なんだということなんですね。(つづく)

五井昌久著『空即是色―般若心経の世界』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.