五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

上徳の生き方をしよう

投稿日:2015年3月20日(金)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

私はこんなにやっているんだ。私はこんなに働いているんだとか、あるいは自分はこんなに偉いんだ、自分はこんなに悟っているんだというように、自分というものを出そう出そうとすることは、マイナスなんです。徳のうちでも一番下の徳なのです。

人のために尽くすことはいいことだから、徳は積むわけです。しかし、自分がやっているんだ、自分はこうなんだ、自分は偉いんだ、自分はこんなに働いているんだと、こうやることは、徳を積みながら、その徳を削っていることになるんです。

それは何故か。自分、自分と言って、神様から自分を離すからなんです。言わなくても自然にいいことをし、自然に徳を積んでいれば、それは自然に積み重なるんで合って、自分が「俺はやっているんだ、俺は偉いんだ」と言わなくても、神様のほうでちゃんと徳を積ませるわけですよ。

だから、上徳といって徳の一番上等なことは、自分がいいことをしていても、それをいいことともなんとも思わずに出来るように、自分のやっていることが巧まず、自然にいいことをしていて、みんなから敬われる。自然にですよ。自分が宣伝するのではなくて、そういうように徳を積むことが一番上等なんだと、老子も言っています。

五井昌久著『悠々とした生き方―青空のような心で生きる秘訣 聖ヶ丘講話』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.