五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

宇宙人の出現①

投稿日:2015年3月27日(金)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

空飛ぶ円盤にはいろいろな形があるのです。たとえば電灯の笠のような形、鈴のような形、細長い形とあるわけです。

村田正雄さんの円盤同乗記がありますが、村田さんばかりでなく、他にも空飛ぶ円盤に乗った人があります。

ただまだ実証的に皆さんの眼に見えるように、写真に写したり出来ていないのです。

いわば霊眼というか、霊眼よりちょっと深いもので見ている霊的現象なのです。

しかしそれは本当のことで、私もちゃんと知っています。

見えるということは在ることなのです。それは幻想といえば幻想でしょう。ところがそれが実現します。

実現しないうちにあまり言うものではないけれど、今日は言っていいことになっています。

ということは、私が話している時に、この中に(ご自分を指して)金星の長老が来ているんです。霊眼の備わっている人は見えるでしょう。

その金星の長老が「現われる」というんです。

向こうが現われるよ、と言っているのに、それは違います、とは言えない。

それなら勝手にせよ、と言っていなくなったら困るでしょう。現われた方が救いになるんだから、よいことを思ったほうがいいですから、信じたほうがいい。

亡びるぞ、と言われて亡びる方を信ずるより、救われるよっていうほうを信じたほうが、人間は嬉しいでしょう。

騙されてもいいから、救われるほうを信じたほうがいいです。実際に明るくなるし、いいでしょう。

円盤は完全に在ります。宇宙人は素晴しい知能を持った、絶対力に近い力を持った素晴しい人たちです。
(つづく)

五井昌久著『天命を信じて人事を尽くせ (聖ケ丘講話)』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.