2015-02

著書

祈りとは想念の入れ替え

悪い想いや汚れた想いが出てくるということは、その人の潜在意識層に、そうした想いがあるからなのであります。 ですから、いくら抑えようとしても、いけないと想っても、いつかは外に出てくるものなのであります。 そこで、そうした想念を消えてゆく姿...
著書

三位一体の地球救済活動

さてこうやってこの現象界をみていて、世界の様子をみて、個人個人の様子をみると地上天国なんて出来そうもない。 そこで、普通ではそんな地上天国なんて出来ないという説が多いんですよ。 ところが出来るんです。 なんの力によって出来るかというと...
著書

アセンション後の人類社会の在り方

この地球世界では、神仏の力というより、武力や権力の方が、優位を占めているようにみえ、世界は武力や権力によって抑えられているようにみえてはいますが、神のみ心が、真直ぐに地球界に現われてくる時代になりますと、死後の世界と同じように、生命の法則の...
著書

真に徳を積む生き方とは

人のために尽くすことはいいことです 徳を積むことになります しかし自分がやってるんだ 自分はこんなに働いているんだと思っていると 徳を積みながら 徳をけずっていることになります 何故かというと 自分自分といって 神さまから自...
著書

のんびりとしたやわらかい気持でお祈りを

ものやわらかく、当たり前に自然に、日常生活をそのままに、「ああ、消えてゆく姿だな、世界人類が平和でありますように」と台所仕事をしながら、大根を刻みながらでいいです。 いつもいうんですけど、お手洗いにいる時はひまです。 そこで世界平和の祈...
著書

心謙虚なる者は幸いなり

何故、謙虚であることが幸いかと申しますと、いつも謙虚に世の中を渡っていますと、常に向上心があるわけです。 「俺は富もある。地位もある。もうこれでいいんだ。何も精神的なむずかしいものは必要はない。そのまま伸びてゆけばいい。」というのではなく...
スポンサーリンク