真に徳を積む生き方とは

人のために尽くすことはいいことです
徳を積むことになります

しかし自分がやってるんだ
自分はこんなに働いているんだと思っていると
徳を積みながら
徳をけずっていることになります

何故かというと
自分自分といって
神さまから自分を離すからです

自分自分といわなくても
自然にいいことをし
自然に徳を積んでいれば
自然と積み重なってゆくので
神さまの方でちゃんと徳を積ませて下さるわけです

五井昌久著『大決意』より