五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

天と地を理想で結ぶ道②

投稿日:2017年4月30日(日)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(つづき)肉体の人間では、自分の身内のほうが他人の身よりかわいいんだから、宗教家がどう言おうと、私の子供のほうがかわいいんだ、私の妻がかわいいんだ、私の弟がかわいいんだ、ということになります。

そうすると理想というものは、この世界では、肉体の人間の頭では成就しないんです。

他の国より自分の国のほうがかわいい。

自分の国より他の国をかわいがって、他の国のことばかりやっていれば、自分の国はつぶれてしまいます。

だから肉体としては、自分の国を守り、自分の家は自分が守るように出来ています。

だから肉体としては、いつも相対的なんです。

いつも相手があるんです。

相手と自分といつも競争をしなければならない。

自分の国と他の国とがいつも競争をしている。

だから肉体の人間の頭では、自分の一家と他人を区別するから平等の愛にはならないのです、絶対に……。

日本人が日本をアメリカより愛するのは当たり前でしょ。

それを理想としては、日本のごとくアメリカを愛さなければならない、と思うかもしれないけれど、実際には出来やしない。

それを私はよくわかっているのです。

そこで天と地を、天の理想を、地の現実に結ぶ方法を考えているのです。(つづく)

五井昌久著『空即是色―般若心経の世界』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.