行の積み重ね

(前略)
すべてのものは
消えてゆく姿だと思って、
自分の想いが乱れなくなる、
とらわれなくなるまでには、
大変な想いの修行がいるのですよ。

日常茶飯事の
当たり前の生活の中で、
「ああこれは
本当に消えてゆくんだな、
あるものは神の生命だけなんだな、
光だけなんだな、
正しいことだけがあるんだな」、
ということを
心から決定して
思えるようになるには、
大変な修行がいるわけです。

そう思う練習が大変な修行ですよ。
ですから、うちのやり方に
行がないなどと思う人は、
何もわかっていない
ということになる。

自己満足だけ、
自分の気をまぎらわすために
何かやらなければ、という想いが
「行がない」なんて思うのです。

うちのやり方というのは、
日常茶飯事
一瞬一刻が行です。

行の積み重ねが、
消えてゆく姿で
世界平和の祈りなのですね。
(後略)

五井昌久著『白光誌1964年12月号』より