2015-05

講話(書き起こし)

世界平和の祈りが現われた理由とその働き

いつでも神さまのみ心というのは、人間をよくしようとしているんです。 それで、地球世界の最後の業が消える時なんですね、今は。最後の業が大きく消えようとしているから、それをみんなの損害にならないでね、人類の損害にならないで、早く消してしまおう...
著書

宇宙核に想いを向けて生きよう

この世はすべて波動で成り立っているのでして、精神波動と物質波動の調和によって、この世は完成してゆくのです。 精神波動にしても、物質波動にしても、常に新陳代謝しているもので、古い波動を把(とら)えつづけていては、新しい波動の巡ってくるのを邪...
著書

狂操と明朗(後半)

こうした狂操性はこれらの娘たちばかりにではなく、大人にも多分にあるのであって、労働組合のストライキだの、スポーツファンの喧嘩もやりかねない熱狂ぶり、大きくは国家社会の革命家などの中にも、かなりこの要素が含まれているのである。 青年は狂操性...
スポンサーリンク
著書

狂操と明朗(前半)

近来、急に盛んになり出した、ロカビリーなる音楽?がある。先日ある家で、見るともなしにそのロカビリーなるものを、テレビで見てしまったのだが、これはまたなんという狂操的なステージなのだろう。演奏者のほうも二十才前後の人々で、聴衆者は勿論ハイ・テ...
著書

守護霊・守護神に常に感謝して生きていれば

或る人が怪我をしたけれど、幸い大した傷でなくてすんだ、という話から~ 「守護霊、守護神に素直に感謝していれば、必ず危ないところはさけさせてくれるよ。私なども自然に足を一歩左に寄せたら、とたんに車がうしろからものすごいスピードで走りすぎ...
著書

本当の自分は神界にいることを自覚しよう

本来、人間は直霊として神界(天界)にあるのです。 想いが「自分はここにいる」と思っているのであって、あるときは霊界に、あるときは幽界にと、あっちへ行ったり、こっちへ行ったりしている。それを自分だと思っているわけです。 しかし、私はここに...
著書

いのちをかけて祈ろう

人間は神の子円満完全であると拝み(祈り)合いをするなら、中途半端な拝み合いではなく、底の底から、自分の生命をすべて投げ出して、拝み合うことです。徹頭徹尾拝むことです。 どんな現われが出てこようとも、これで業が消えてゆく、消えたのだ、ありが...
著書

陰きわまれば陽となる

光は業より強いのですよ。けれど人間はそうは思わず、業のほうが強いものだ、と思っている。それは間違いです。 この誤った考えを正すには、内なる光、守護霊守護神のことを、ひたすら想うことです。 これを続けて行じていれば、業は自然に消えて、安心...
著書

今を生きるが空なり

今とは何か? 私の言おうとしている今とは、現在の時間的今ではなく、天地縦横、永遠につながっている今なのです。 過去世も現在も未来も、すべて含んでいる今なのです。 今を開けば永遠がその中にあるのです。 そうした今を私たちは生かしてゆく...
詩・詞

スピリット・ガーディアン(守護霊)

私がじつと臥所(ふしど)の中で心を澄ませると 私の澄んだ心の中に 多くのスピリット・ガーディアン(守護霊)たちが真剣に働きつヾけている姿が浮かんでくる 昼の疲れで何んにも知らずぐつすり睡入る人々の運命の路線を あの工夫たちと同じよう...
スポンサーリンク