五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

やるなら徹底しなさい!(前半)

投稿日:2015年5月6日(水)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

皆さんは世界平和の祈りの中に入っています。幸せですよね。そんなこと考えもしない人がどれだけたくさんいるか。

皆さんは私と一緒になって、世界平和の祈りをして、そして世界平和の祈りの大きな力を知らせたく思っていらっしゃるわけですよね。

思っていながらも、いつの間にか世界平和の祈りがどこかへいっちゃうんですよ。

自分だけの幸せとか、自分自身が満足することばかりを追いかけていたら、その人は非常に不幸な人です。なぜなら、自分が満足しようとする想いの中には、満足はないのです。欲望はどこまでいってもある。

神のみ心は絶対なものでしょ。それは完全円満で、あらゆる力をもち、あらゆることが出来るわけです。そこまでに人間はなれない。大神さまと一つにはなかなかなれやしない。なるためにはあくなき精進が必要です。

精進して精進して、自分というものが全部なくなって、何もなくなったときに、はじめて自由自在な神のみ心そのままの自分が出来上がって、何でも自分の思う通りになるわけです。

ところがそこまで行きもしないで、自分が満足したいという想いがあったならば、中途半端になっちゃいます。それだったら世界平和の祈りなど全部止めて、自分の満足のために、自分の力、能力をもって、フルに体をぶつけてやればいい。

それでなかったらば世界平和の祈りで、神さまのみ心の中に死ぬ気で入れちゃって、自分の心がどんなに苦しくても悲しくても、世界平和の祈りの中に入り通しに入らなければ駄目です。(つづく)

五井昌久著『魂が大きく開く時 (聖ヶ丘講話)』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.