五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

説く人もともに教わっている

投稿日:2015年6月4日(木)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(前略)私は、この教えを説いた人は偉い人だと思っているんですよ。(笑)

それは、この肉の身の五井昌久が説いたわけじゃない。ここに来ている神さまが説かせるわけです。私は説かされただけ。

皆さんはそれを行じるわけですね。だから、説いた私も行じる皆さんも同格です。

講師の先生方が消えてゆく姿を説いているのを聞いていて、どなたが説いたか知らないけれど(笑)いい教えだナ(笑)、と聞いていたんです、私は。

私も一生懸命やっているんです。自分で説いていながら聞かされているんですよ。

教祖とか創立者というものは、自分で教えを創って自分で説くのではないのです。神さまのみ心が伝わって来て、この肉体は器になって説くのですよ。

だから、自分自身も教わっているんですよ。教わりながら行じているのです。自分も行じなければ何もならない。(後略)

五井昌久著『我を極める―新しい人生観の発見』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.