五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

予言に惑わず今を生きること

投稿日:2015年1月3日(土)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

「何年何月に何が起こる。」という先の予言をすることほど馬鹿なことはない。

それが善いことであるにせよ、悪いことであるにせよ、人間は善いということに把(とら)われ、悪いということに把われてしまう。

そのことはその時になって見ればわかるのです。

そうした予言にまどわず、まどったらまどった想いを"世界人類が平和でありますように"という祈り言に入れて、今を現在を一生懸命生きることです。生かすことです。

これが宗教の極意なのですよ。

高橋英雄編著『如是我聞―五井先生の言葉』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.