五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

神我一体の生き方をするには

投稿日:2015年6月22日(月)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(前略)神界の自分の心を本心というのであり、肉体内の想念を業想念というのであります。

ですから、常に肉体の想念を、神界の自己、本心の座に還えさせて置けば、宇宙神のみ光そのまま肉体の自分に入ってきて、神我一体の生き方が出来ることになるのです。

この神界の自己との一体化は、守護の神霊への感謝行によって、自然となされてゆくのでありますから、私は守護の神霊への感謝行を、私の教の根本としているのであります。(後略)

五井昌久著『生きている念仏』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.