一人の人間の影響力

消えてゆく姿で、世界人類が平和でありますように、とやってゆけば、だんだん自分勝手な気持ちが消えてしまって、光一元の生命そのものの自分へと、生まれ変わってくるわけです。

生命一元になりきってしまえば、何にも悪いことは出て来ない。把われることもなくなってくる。そうすればその人は平和になります。

一人の人間が本当に平和になれば、その影響力は地球界に及ぼします。宇宙に及ぼすのです。

そういう人が多くなれば、世界はいやでも平和になるのです。

五井昌久著『質問ありませんか?―聖ケ丘講話』より