五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

宗教の強制は業の想い

投稿日:2015年8月15日(土)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(前略)一番困るのは宗教の強制です。

「この神さまをお祭りしなさい」、と強制されますと、断れないんです。神さまごとを断ると罰(バチ)が当たりそうな気がしてね。

それでまァいいや、入っておけ、と入る。そんなのは信仰でもなんでもないんです。

生命保険なら断れます。どういうものか、宗教だけは断れない。神さまという後ろ盾があるものだから……。

罰を当てる、そんな神さまはありません。それは業なのです。

業の想いと、神さまの本当の姿とを間違えてはいけませんね。

神さまというものは、あくまで人間を救おうと思っている。人間を赦そうと思っている。

人間をいじめようと思って来ていない。人間の原罪というものをほどこうと思っている。

罪の観念というものをなくそうと思って来ているんです。(後略)

五井昌久著『明るい心―五井昌久講話集4』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.