救世の大光明の光り輝く姿を肉眼で見る日が来る

(前略)病気も不幸も貧乏も、
怒りも怨みも妬みも嘆きも、
そんな思いもそのままみんな、
神さまの中に投げ入れてしまうのです。

神さまの大光明の中で、
すっかり浄化していただいて、
光明として再び自分のもとに
かえしてもらうのです。

世界平和の祈りは、
自己と世界人類とを、
まったく一つのものとしての
祈りなのであって、
大乗的、菩薩的祈願なのであります。

この祈りの中には、
守護の神霊の光明が、
寄り集まって輝きわたっているので、
いかなる不幸も災難も取り除きうる
力があることを知ってください。

世界人類が救われること、
それは自分が救われることと
まったく一つのことであり、
自分が真実に
安心立命の境地になること、
それは世界人類の平和に
直接働きかける
大きな力となるのであることも
改めて信じてください。

数多の守護の神霊が、
世界平和の祈りをしている
あなた方の背後上方で、
光明に輝いている姿を、
今にあなた方も、はっきり
肉眼で見る日が来るでありましょう。

五井昌久著『宗教と平和』より