スポンサーリンク

天の岩戸開きとは

(前略)天の岩戸開き、
というのがありますね。

天照大神という神さまがあります。
神さまの働きの名前です。

しかし、みんな各人の中に
天照大神があるわけですよ。
それは光ですね。

心の中に天照大神、
神さまがあって、
その神さまが開くことが、
天の岩戸開きというのです。

だから
自分が悟ってしまったことは、
自分の天の岩戸開きだし、
人類が悟れば、それが
人類の岩戸開きなのですね。

それをなんか
向こうの世界のような気がしてね。
天照大神なんていうと、
なんだかわけがわからない。

天御中主命といったって、
なんだかわからないでしょ、
神道以外の人は……。

そのように、古事記の話など、
自分たちに遠いような
気がしているような人が随分ある。

ところが、
実は自分たちの姿なんですね。

自分たちの姿を、
神さまの名前で
みんな現わしているわけです。(後略)

五井昌久著『高級霊(ハイスピリツト)は上機嫌』より

著書
スポンサーリンク
五井先生に学ぶ