五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

結婚に関する指導について

投稿日:2015年11月20日(金)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(前略)結婚の場合などは、男の性格と女の性格と、その男女の過去世における因縁の善悪をよく見定めて、良否を決定するのである。

過去世において、相敵対視していた男女が、恨み恨まれたままの想念で、この現世に生まれてきた場合など、表面的に顕在意識(あらわれのこころ)で、好き合って結婚しても、結婚後、過去世の想念が潜在意識から、自然転回の業の法則にのって、表面(顕在意識)に現われ始め、しだいに争い始め、ついには大きな悲劇にまで発展してしまうのである。

私はこうした人たちの結婚の相談を受けると、どんなに表面的に心が合っているように、当人や周囲の人たちが思おうとも、断固として、この結婚に反対してしまうのである。

そのため一時は、その男女に恨まれたりする場合もあるが、是非もないと思っている。

その点、こうした人たちの結婚後の仲裁を依頼されると、子供の特別多い場合のほかは、離婚を薦める場合が少なくないのである。

こうした人たちを、そのまま拝み合わせるように仕向けてみても、結局は、この現世では到底拝み合えぬ深い業因の結ばれであることが多いのである。

その理を知らぬ宗教家たちが、ただやたらに調和調和と、拝み合わせようとしたところで、時間がたてば時間がたつほど、切り得ぬ縁になってしまって、はては殺傷事件すら起こってしまうのである。

結婚したら絶対に別れられない、と決めてしまっては、こんな場合があるので、人間の救いが狭められてしまうであろう。

真の調和は、在るべきところに、在るべき人を置くことになり、合うべき男性に、合うべき女性を配すべきである。

こうしたことの指導の出来る人の多くなることを、私は望んでいる。

ただ、守護霊守護神に感謝し、加護を願っている人たちは、必ずよき配偶者を与えられる、と私は信じている。

とにかく、明るい想念をいつも発していることが一番である。(後略)

五井昌久著『神と人間―安心立命への道しるべ』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.