五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

和して同ぜず

投稿日:2016年1月10日(日)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(前略)一般大衆とともに一緒に同悲同喜する、大衆と同化しながら大衆を導いてゆく、という立場もあるわけです。

私はそういう立場です。

イエスさんもお釈迦さんもそういう立場でした。

お釈迦さんでもいろいろな病気をしたり、痛みはあるわけです。

ただ、どこが違うかというと、どんな痛みがあっても、苦しみがあっても、その想いが、心がそこにとらわれないのですよ。

痛みの中に入ってゆかない。苦しみの中に入ってゆかないのです。

痛みは痛み、苦しみは苦しみ、そのまま流れて消えてゆく姿。

想いが(痛みや苦しみを)追いかけてゆかないのです。

みんなと同じように苦しみ、同じように悩み、同じ立場にいて、しかも同じにならない。

和して同ぜず。

痛みの中に想いが出ない、苦しみの中に想いがいないのです。(後略)

五井昌久著『白光誌1977年6月号』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.