五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

一人立ちさせる場合

投稿日:2016年2月2日(火)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(前略)神さま(※守護の神霊)が応援してくれて、自分の心境がよくなくても、病気をスーッと治してくれることがあるのです。

道に乗せようと思ってね。

次に病気になったときには、いつまでも手を貸していては一人立ちできないから、知らん顔をして見ていて、その人の力、その人の信仰心でやらせようとする。

だから初めはパッと治ったけれど、2度目はなかなか治らなかったということがある。

それは自分でやるべきなのです。

自分でやって、自分の信仰心で治った場合には、今度は本当に自信がつきます。

そうすると、この人は今度指導しても、立派に指導できるようになる。

だからおんぶに抱っこで治っている場合にはまだダメです。

神さまは、自分の力で一人立ちの出来る立派な人間をつくりたいわけです。(後略)

五井昌久著『白光誌1970年6月号』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.