聖なる丘の暁の祈り(前半)

黒々と
森静まれり
我が歩み
止(とど)めて仰ぐ
暁(あけ)の明星

深き森
未だ白まぬ
丘の道
暁(あけ)の明星
我れに融けくる

木の闇に
小天狗一人
遊びゐし
我に驚き
姿隠せり

世界平和
祈る丘なり
暁(あけ)近き
雲に隠れて
竜神数多(あまた)

世界平和
祈る丘なり
朝日子の
出づる迎へて
拍手を打つ

拍手を
打ちしたまゆら
あな愛(かな)し
神の眼(まなこ)か
朝日子昇る

人の世の
全(すべ)き平和
願ふがに
朝日出できぬ
祈りの丘に

五井昌久著『いのり―詩集』より