人間は光のひびきだ

(前略)
いつも言うけれど、
人間というものは、
神さまの中に居るんですよ。

ハッキリ居るんです。

それをハッキリ自分たちが知らないで、
こっち(肉体)に居るんだ
とばかり思うんです。

こっちに居るものは何かというと、
魂の光と
業の想いとが
混じった波があるのです。

私がいろいろな印を組んで
お浄めするでしょう。

いろいろな波でもって現われている、
ということなのです。

分解してみれば、
波動、
ひびきなのです。
波が来ているのです。
(後略)

五井昌久著『光明の生活者-五井昌久講話集3
より