五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

永遠の幸福につながる生活

投稿日:2016年4月11日(月)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(前略)現象の動きにいちいち戸惑って、なんだかんだと心を騒がせている生き方こそ、自己の平和を乱すものであり、枝葉の動きにつれて、根本を常に動かしている国の生き方なども、正しい生き方とはいえないのです。

神は大光明心です。

大愛です。

大調和心です。

この神の在り方を信じなければいけません。

神の愛を疑いながら、神を呼ぶよりは、神のみ心に全託して、そのまま自己の生活に一心になって打ちこんでゆくことのほうが、その人の永遠の幸福につながる生活です。

神のみ心に全託するようになるためには、日頃からたゆみない世界平和の祈りが必要なのです。

自己の想念の習慣を、世界平和の祈りによって、常に神の大光明波動の中に住まわせる習慣にしてしまうことです。そういたしますと、次第に心に不安がなくなってくるのです。(後略)

五井昌久著『平和を呼ぶ声』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.