五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

宇宙人は現われるべき時に現われる②

投稿日:2016年7月2日(土)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(つづき)

この霊団はせっかくいい教えをしているのに、それだけでいいのに、宇宙人が現われるとか、霊が物質化するとか、そんな余計なことを言ったら、かえっていけないだろうとその人たちは思うのですね。

消えてゆく姿の教えはもちろんいいです。一人一人はみな救われます。私に会っている人は、それだけでたくさんです。

ところがそれだけでは、私に会ったり、白光誌に触れたりする人だけしか救われないですね。世界人類なんてだめです。そんなに広まりませんから。

そこでどうしたらいいかというんです。そこまでは普通の宗教なのです。

普通の宗教の教えの中では、私の教えの消えてゆく姿というのは、一番率直で純化されて、短くて易しくて、一番早く救われる教えなんです。それだけでも他の宗教よりはいいのです。

だが、それだけでは人類世界が救われない。そこで、世界平和の祈りが始まった。

そして、宇宙人と地球人が提携することが始まった。向こうからこちらへ来て、「やりましょう」ということなのです。

(つづく)

五井昌久著『私に荷物を預けなさい (聖ヶ丘講話)』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.