五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』


すべては自己責任③(完)

calendar

(つづき)

消えてゆく姿として現われて消えてしまい、光り輝いてしまえば、祖先が迷っているもへったくれもありませんよ。みんな輝いてしまいます。

それで、一人出家すれば九族救われる、というのです。

出家ということは、悟るという意味なんですよ。いわゆる肉体の業生の世界を出る、業生の家を出てゆくというのが出家です。坊主になることが出家したんではないんです。

皆さんはそういう意味で、出家している人がずいぶんあるわけ。業生の世界を抜け出してゆく。火宅の世界を出てゆく。そうすると悟ったわけね。

そうすれば九族が救われるのだというのだから、祖先が迷っているもへったくれもあるものですか。そんなことみんな自分の責めです。わかりますね。

その責めさえも消えてゆく姿で世界平和の祈りの中で、みんな神々が消してくださるのだから、すべて神々に全託して、世界平和一念にやっていれば、自分も救われる。いわゆる祖先が迷っているというのも救われるわけです。

祖先の業で自分が苦しんでいる。祖先のやつが、馬鹿どもがオレを苦しめやがって、と思う人がずいぶんあるんです。

そういう言い方をするから、「そんなことはないんだ、自分が苦しむのはすべて自分に責任がある。自分のことは自分です、人のせいではない」と私は言うわけです。

どんな苦しみがあっても、人のせいのように見えても、それは人のせいではなく、自分のせいです。

そう思わないと、宗教の道ではないんですよ。

いいことは自分がやってやったんだ、私がやってやったからあの人はよくなった。悪いことはあいつがやったからだ、あいつのせいだ……。これではまったく反宗教的なのです。宗教精神ではありません。

(後略)

五井昌久著『空即是色-般若心経の世界』より

関連記事

folder 著書

more...

folder 詩・詞

more...

folder 講話(書き起こし)

more...