五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

光明心で進め

投稿日:

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

他人の悪をあばいて

自分の利益にしようとする

そういう個人と同じように

未来への創造も光明ももたず

与党の過去の悪事をあばきぬいて

自党の活路にしようとする政治家たちの

小さな醜い生き方の中から

いったい日本の運命がどう開けるというのだ

国と国との関係でも

たまには助け合いがみえて

人類に希望をもたせることもあるのに

日本人同士が足の引っ張り合いに終始している

愚かな状態を黙ってみていてよいのか

真実日本を愛し

地球の運命を案ずるなら

個人もそして政党も

先ず未来への光明の道を見出すことに努めなければならない

過去の誤ちの中ばかりに顔を突っこんでいて何になる

光明心をかかげて前へ進むのだ

宗教も科学も実業も

みんな地球に永遠の生命をもたせるように

大光明心をかかげて前へ

前へ進むのだ

世界平和の祈りはその大きな力となって

その歩みを力強い不屈なものにしてゆくのである

五井昌久著『平和讃』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.