五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

自分をなくすこと

投稿日:2017年3月18日(土)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(前略)人間というものは、自分というものが無いのが一番いいのです。

自分の名誉がどうとか、自分の欲望がどうとか、というものが無いと、何を言われても平気のへいちゃ。

「お前首切るぞ」、「ハイどうぞ」、「お前これだから罰が当たるぞ」、「ハイどうぞ」とこういうわけね。

なんにも無いものが、怖いわけがないでしょ。

自分があるから怖いのです。

自分があるから死ぬことが怖い、病気が怖い、貧乏が怖いでしょ。

自分が無いものが何が怖いか、そうでしょ。

病気も怖くない、死ぬことも怖くない、なんにも怖くありませんよ。

そういう境地にならなければダメでしょ。

そこでもし怖いものがあったとすれば、怖い想いを“世界人類が平和でありますように、私共の天命が完うされますように”というような祈りの中に入れてしまえば、その怖さは消えます。

やっぱり人間は、無畏怖、無恐怖、不退転、不動心、そういう心境にならなければダメですよ。

「自分が自分が」と言ってるだけ怖いのです。(後略)

五井昌久著『魂が大きく開く時 (聖ヶ丘講話)』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.