五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

自分の満足や幸せを願う想いさえも

投稿日:2017年3月19日(日)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(前略)おのが幸願う想いも朝夕の世界平和のり言の中
という私の歌がありますね。

自分が幸福でありたいし、自分が平和でありたいのは、誰だって願ってるんだ。

しかし、それさえも世界平和の祈り言の中に入れてゆけば、世界の平和と同時に、自分の幸福も出てくるんですよ。

世界人類の中に自分があるわけですkら、自分の幸を願うというよりも、世界人類の平和を願うという大きな愛の心のほうが、自分の平和が早くできるわけなのです。

それをつい忘れてしまって、「自分が自分が」と自分のことばっかり、自分の満足ばかり考えている。

それでこの世の中が成り立つと思っているのかね。

自分の満足などひとまず先に、平和の祈りの中に死ぬ気で、生命をかけて投げ出す気で、思い切って平和の祈りの中に入っていかなければダメです。

そこに初めて自分の心の平安もできれば、世界人類の平安もできるんです。(後略)

五井昌久著『魂が大きく開く時 (聖ヶ丘講話)』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.