五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』


生かされていることを自覚しよう

calendar

(前略)人間は肉体のほうから見ると、
”生きているのではない”のです。
”生かされている”のです。

生命自体、
いのちそのものから観ると
生きているのです。

これをハッキリ区別しないと、
哲学的な苦悶におちいって、
しまいに死んでしまったり、
生きている価値を見失って、
自らいのちを絶ったり
する人が随分出てくるわけです。

生かされている”いのち”と、
生きている”いのち”がわからなくて、
自分で生きていると思うから
間違いができるのです。

”いのち”というものには、
大生命があって、
大生命のいのちが個別に分かれて、
各人間に分かれ、
あるいは植物、動物と、
いろんな形に分かれているわけです。

それで、人間の場合には、
私がいつもいうように、
直毘、直霊として、
大神さまのみ心深くに、
七つの働きに分かれて、
一番初めに存在したわけです。

そして、直霊の分霊として、
各個別の人間が出来たわけです。

ですから、
あくまでも人間は肉体ではなく、
形ではなくて、
いのちそのまま、
生命エネルギーそのものが
いろんな角度に分かれ、
各種に分かれて、
一人一人の人間が出来ているわけです。

だから、人間の本体
というのは何かというと、
いのちそのもの、
生命エネルギーそのものであって、
肉体というものは、
いのちの力によって
創られたもの、
被造物なのです。

肉体は
いのちの力によって生きている
のであって、肉体自身で
生きているのではないのです。(中略)

肉体は
あくまで生かされているのです。

神さま、守護霊守護神の力によって、
生かされている。

肉体は生かされるままに
素直に生きていれば、
完全なる神さまのみ心のまま、
大生命の理想とするところの人間が
そのまま生きてゆくわけです。(後略)

五井昌久著『我を極める―新しい人生観の発見』より

こちらの記事もどうぞ

folder 著書

more...

folder 詩・詞

more...

folder 講話(書き起こし)

more...