スポンサーリンク

想いがすべて

(前略)
想いがすべてを決定するのだから、
人間一人一人の想いが
明るい上機嫌か、
不機嫌で暗いかによって、
簡単にいうと
運命が決まるのですよ。

それを難しく学者方がいっていますが、
根本をいえば、
・明るく機嫌がいい
・どんなことがあっても気分がこわれない
・どんなことがあっても自分の心が暗くならない
・自分の心が怒りに充ちない
・いつでも明るくやわらかく朗らかになっていられる
そういう心が一番大切なのです。

それが神さまのみ心なのです。

だから、「神、神」と外へ求めたって、
本当はしようがないのです。
「天にまします」ではなく、
「わが内にまします神さま」。

その神さまは
どういう形であるかというと、
明るくやわらかく
慈愛に満ちているわけです。
(後略)

五井昌久著『白光誌2008年11月号』より

著書
スポンサーリンク
五井先生に学ぶ