五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』


短所を長所に変える祈り

calendar

(前略)

私は若い時に、ものすごい短気だったのですよ。そのうちに、神に、「わが生命を使ってください、人類のためにお使いください」と投げ出したら、短気も損気もいつの間にか無くなってしまった。

短気は何に変わったかといったら、気が早くなった。同じようでしょう。

気が早いというのと、短気とは違うのですね。気が早いというのは、敏しょうという意味です。

なんでもパッパッとものがやれるようになった。裏表です。

長所が出れば敏しょうになるし、裏が出れば短気になる。だから、長所と短所は裏表になっているわけですね。

裏表をひっくるめて、世界人類が平和でありますように、と大光明の愛の心の中に入れれば、短気も損気もみんな光の中に消えて、どんどん裏が表になってゆくわけ。

それで長所がますます長所になって、広がってゆくでしょう。

(後略)

五井昌久著『白光誌1962年1月号』より

こちらの記事もどうぞ

folder 著書

more...

folder 詩・詞

more...

folder 講話(書き起こし)

more...