五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

直感的理解と理論的理解

投稿日:2015年2月8日(日)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

自分の立場というものだけを考えているのは、一番低い立場なんです。いいですか、耳をよくほじくって聞いてください。

自分のことだけを考えているのが一番貧弱なんです。子供や妻のことを考えるのがその次。
それから隣りの人や向かいの人を考えるのは又いい。
もっと大きくなると、日本のことや世界人類のことを考えてくるんですね。

だんだん魂が開いてくると、だんだん明かりがさしてくると、人のことが心配になってくる。
日本のことが心配になってくる。
世界のことが心配になってくる。

心配になるのは自分のことだけだ、っていうのが大体なんですね。始めは、私の病気が、私の不幸が、とこうやって来る。

そうすると私が、「ああ、ようござんす。私が引き受けます」と簡単に言うでしょ。
ポンポンと拍手を打ちます。
光が入りますからいい気持ちになる。

そうすると何が効くもんか、偉いんだか偉くないんだかわからないけれども、と思いながらやってくる。
やってくるうちに、だんだん自分の業がきれいになってくると、光がスーッとまっすぐ入ってくる。

その光の入り方が、だんだん太くなってくる。そうすると本心が開いてきて、頭でわかるんじゃなくて、心でわかる。

頭でわかるのと心でわかるのと、二通りあるんです。

大体、女性はカンが発達しているんです。
だから直感的にわかってくる。
わかったあと、先生有難うございますって、やってくるんです。

うれしくて仕方ないっていうのが、一ヶ月二ヶ月たつと、「このごろちっともうれしくありません、うちの子がこうで夫がこうで」って、又やってくるんです。

波なんです。
高くなったり低くなったりする。
だんだん波の幅がなくなってくると、文句を言わなくなってきます。

男性はわかるのが遅い。理屈っぽいんです。とくと考えてみるのですね。考えながらやってくるんですよ。
考えた末にわかると、今度はうれしくなって離れません。
理屈っぽいけれど、わかるとよくなる。

頭が先にわかって、心がわかってもいいし、心が先にわかって、後で頭で理解してもよろしい。
どっちでもようございます。

けれど、人間というものは神の子でもって、本当はけがれのない、汚れのない、浄らかな、自由自在なものなのだということだけは、うんと、潜在意識に叩き込んでおくといいですね。

五井昌久著『高級霊(ハイスピリツト)は上機嫌』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.