五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

喜べる心を養おう(前半)

投稿日:2017年4月4日(火)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(前略)人間はたまには旅行して、いろいろな風物に接することもいいし、家で庭の草花を見ていることもいいことです。

私は、昱修庵いくしゅうあんの庭や聖ヶ丘道場の草木や花を眺めて、楽しんでいます。つつじの花が鮮やかです。

つつじの紅の色とまわりの緑の色が調和して、なんともいえないきれいさ。可愛いもんです。

自分の家に花がなければ、植木鉢の花でも買ってきて見るのもいい。

旅をするのもよし、家にいるのもよし、どこにいても楽しいという、そういう心をつくることが大事です。

どこにいても、どういう環境にあっても、どんな立場にあっても心が喜べる、そういう人間になることが大事です。

私はそれがもっとも得意です。どこにいても心が明るく、心がしぼまない。

「何々をしなくちゃ楽しくない」、「何々をするのは嫌だ」ということはないのです。

何をするのもいいし、何をするのも楽しい。

といって夢中になって、大仰おおぎょうに楽しむというのではないんです。

これは歳ですね。二十代、三十代の人と、五、六十代の人とは、考えというか、楽しみ方が違ってくるのですね。

五、六十代になると、なるべく体を動かさないで、目だけ楽しませます。(つづく)

五井昌久著『悠々とした生き方―青空のような心で生きる秘訣 聖ヶ丘講話』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.