五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

高級霊(ハイスピリット)は上機嫌①

投稿日:2016年6月12日(日)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

英語に面白い言葉があるのですよ。イン・ハイスピリッツという言葉があるのです。

ハイスピリットというのは、高級霊ということなのですね。

イン・ハイスピリッツで、上機嫌という意味になるのです。

ですから上機嫌ということと高級霊魂ということは、英語では同じなのですね。上機嫌で、いつも明るく朗らかな人は、ハイスピリットなのです。私はその英語をちょっと見て、面白いなあと思ったのですよ。

いい人がはじめ反省しています。やることやることをいちいち、”これは神のみ心に叶わないのではないか”、”仏の道に叶わないのではないか”、”人の道に外れていないだろうか”、といちいち反省している。

それはちょっといいことのように見えるけれど、反省というのは、「ああ悪かったな」と省みて、パッと改めればいいのですよ。「悪かったな、悪かったな」と、ふた月も三月も”悪かった”を繰り返すのは、これは愚かです。”悪かった”を楽しんでいるみたい。(笑)それはいっぺんでいい。

"しまった、これからもうやるまい、消えてゆく姿"とやって、それからいいことをどんどんしてゆけばよいでしょう。それを大概のいい人というのは、くどくどしている。あんまりくどくどしい。(笑)人にもくどくど言うのは嫌われるし、自分にもくどくど言ってはいけません。女の人は特にそうです。それは非常にばからしい。

”悪かった”と思ったら、それはいっぺんでいいじゃないですか。それで消えなかったら、世界平和の祈りの中に"悪かったこと"を入れてしまうのですよ。”しまった、もう再びすまい、ごめんなさい、世界人類が平和で……”と祈りの中に入ってしまって、観の転換をするのです。

明るい方、上機嫌のハイスピリットの方に持っていってしまうのです。すると気持ちが明るくなってくる。ようするに、朝から晩まで気持ちが明るいということは汚れが少ない、業が少ないということなのですよ。

(つづく)

五井昌久著『高級霊(ハイスピリツト)は上機嫌』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.