五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

神我一体の祈り

投稿日:2015年1月10日(土)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(前略)

肉体側のこちらからも、世界人類の平和を願いますと、その祈りは、天の本体(直霊)や守護神、守護霊と等しき祈りになりますので、その瞬間は肉体を包む業(汚れ)は一挙に突破されて神我一体となるのです。

今の一時一時いっときいっときをこうした大乗的祈りにしてゆくことこそ、真に今を生かし、神の生命を生かしきっているということになり、真の世界平和の到来を促進させることになるのであります。

(後略)

五井昌久著『生命光り輝け-五井昌久講話集1』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.