五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

魂に目覚めた青年たちよ

投稿日:2015年3月13日(金)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

魂に目覚めた青年たちは、あくまでも理性を主に、感情想念を常に自分の意思で制御しながら、自己の運命を作っていかなければなりません。

理知の光に照らされ、理性の声に導かれ、人類国家社会のために自己の持てる才能を充分に発揮していってこそ、この世に生まれた生きがいがあるのです。(中略)

日々瞬々起こってくる対人関係や諸々の出来事に対し、直ぐ感情をむき出しに挑んでゆくようではどうにもなりません。要は自分の感情に勝つことです。

自分を大きくするのには、一にも二にも、自己の感情想念を理性の力で、自由に処理してゆく訓練をしてゆく必要があるのです。

感情というものは、甘やかしては駄目なのです。一度甘やかすと、それを押さえるのに大変苦心をします。

そこで私は皆さんに一言申し上げるのです。一日に何回でもいいから、自分の理性も感情想念も、世界人類という大きな波動圏に入れてしまうことなのです。

「ああ、自分は世界人類の中の一人なのだ、自分の想いは、自分の心は、世界という大きな心と一つなのだ」というように、世界人類という大きな波動圏のひびきの中で、個人という自分と、世界人類という全体との一体感を実感として味わう訓練をするとよいのです。

そのために世界人類が一番望んでいる平和ということ、個人の一番望んでいる平和でありますように、という祈り言葉にして、この祈り言葉を根本に、学業も人格の練磨もつづけてゆけば、人間は、必ず立派に大成してゆくのです。

五井昌久著『純朴の心』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.