五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

素粒子の世界で

投稿日:2015年3月15日(日)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

ー素粒子とは陽子や中性子や電子や中間子のことー
素粒子の世界で
素粒子たちのささやきが聞える

僕たちは微妙な存在
広い宇宙と微少な僕たち
地球世界の人間たちは
鋭い智慧で僕たちの存在をつきとめ
まだまだ先へ進もうとする

僕たちの仲間は次第に数多く発見されたが
大宇宙の奥は極みなく深く果てしなく広い
素粒子と云われる微少な僕たちよりも
もっともっと極微な存在が
僕たちの先輩として
宇宙の奥で活(い)きている
その名は宇宙子

僕たちはその宇宙子の孫の孫
叡智の泉の大生命の大能力の指揮のままに
宇宙子群の縦横の十字交叉の大はたらきに
霊妙妙妙不可思議の大宇宙の扉が
はっきりと開かれ地球世界の今日が生れた

宇宙子
微粒子
電磁波
光波
鉱物
植物
動物
人間

この世のあらゆる存在も
この世のあらゆる出来事も
やがて地球の人類が
神のみ心そのままの道をたどり
すっかり解明するだろう

素粒子たちの
こもごもに語り合ってる
その声を私ははっきり聞いていた

五井昌久著『純白―五井昌久詩集』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.