五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

消えてゆく姿の観点を身につければ

投稿日:2015年4月12日(日)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

どんな嫌なことでも、どんな失敗をしても、それが消えてゆく姿だと思うと、嫌なことがあまり嫌でなくなり、失敗もあまり苦にならなくなり、新しい勇気が湧いてきて、再び失敗は繰り返さぬ決意となってくるのです。

愛そう愛そうと思っても愛せない人は、いくらでもいます。しかし、愛そうと思う想いさえも消えてゆく姿として、相手の嫌なところも消えてゆく姿として、世界平和一念の中から再び相手を見直した時、相手は意外と嫌な人でなくなっていることが多いのです。

人間の想念というものは面白いもので、そうしようそうしようと思っていると、かえってしたくなくなり、してはいけない、してはいけない、と思うと、かえってしたくなってしまうという、変なくせをもっています。

そんな時、しようもしまいもすべて、消えてゆく姿に一度してみると、心が自由になって、正しいものの見方、的を射た生き方ができてくるものであります。

五井昌久著『宗教と平和』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.