五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

不安にさいなまれている人たちへ

投稿日:2015年4月22日(水)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

不安の心多き人、暗い心の人たちは、常に天を仰ぐことを実行することがよい。
天からはいつも陽気が降ってくる。

たとえ雨や曇りの日であっても、天に心を向けることが大事である。
そして次のように祈るとよい。

神様、どうぞ私の心に愛を充実せしめ給え、どうぞ、愛深い私にならしめ給えと……。

その祈りを毎日欠かさずつづけていることは、細かい種々な願いごとをする神まいり、仏まいりより、はるかにはるかに、その人を高い境地に導いてくれるものである。

祈りとは、まず自分の心を空っぽにすることである。それまでの自分をひとまず捨てて、神だけを自分の心に住まわせることである。願いごとは、すべて後まわしにすることである。

神だけを自己に住まわせれば、その人の願いごとは、すべて叶うのである。

五井昌久著『日々の祈り』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.