2015-03

著書

魂年齢について

この世的にいえば、30才の人より、80才の人の方が上に決まっています。しかし魂的に見ると、肉体の年令と魂の年令は何ら関係ないのです。 それはどういうわけかといいますと、何遍も生まれ変わって、いろんな経験を経た人、いわゆる生命を生かした人、...
著書

私が育てたい人

行いが正しい人はやっぱり偉い人。愛が深い人はやっぱり偉い人。(中略) 年中、来ていらっしゃる人は、必ず霊能が開発されます。霊能が開発されるということは、いわゆる霊眼に見えたり、霊耳に聞こえたりするばかりではありませんよ。 直感的にわかる...
著書

上徳の生き方をしよう

私はこんなにやっているんだ。私はこんなに働いているんだとか、あるいは自分はこんなに偉いんだ、自分はこんなに悟っているんだというように、自分というものを出そう出そうとすることは、マイナスなんです。徳のうちでも一番下の徳なのです。 人のために...
スポンサーリンク
著書

20%の窓口

どうして玉石混淆した世が現われてくるかというと、仏教的ないい方ですが、過去世の因縁因果によって現われてくるのです。 だから、「運命は80%決まっているのだ、父と母の間に生まれて来た時は、すでにその児の運命は80%決まっている、あとの20%...
著書

指導者こそ神と共なれ

指導的立場の人や、国家や、人類のために直接働いている人々には、個人の守護霊や守護神の他に、国を守る国常魂(くにとこのたま)や、人類の正しい発展を観じている神々が常に指導しているのである。 このことを認識していない指導者は、せっかく前世の善...
著書

置かれた立場で誠意を尽くす

不平不満で仕事をしていれば、ちょっとしたことでもくたびれちゃう。「なんだこんな仕事」ってやっていたら、ちょっとしたことでもくたびれちゃいますよ。 何でもおかれた立場が天命なんだから、今置かれているところ、たとえば小使さんなら小使さんが天命...
詩・詞

春の季節に

毎朝のように庭に来て鳴く鶯鶯は春の使者 春は人間の幸せの象徴(シンボル)のように 庭に野山に花を咲かせ小鳥を唄わせる 温かい季節は穏やかに自然の心 人類の希み願う平和な世界は 人間一人一人の温和な心から生れる 私は春の庭...
著書

鎮魂の大切さ

自分のやりたいこと、したいことを、他人の迷惑おかまいなしにやりとげることが、本心を現わした行為だと思い違いしている人々が随分いる。 善いといわれる人々でも、感情想念に負けてしまって、本心を見失いがちになってしまうことが多い。神のみ心である...
著書

守護霊の働きについて

ここで一寸、祈りの中で守護霊さんはどのように働いているのかということを、説明してみましょう。守護霊さんは、守っている肉体人間とは、かつては血縁のあった霊なので、お互いの交流がしやすくなっています。普通の場合は、肉体人間の方からは交流してこな...
著書

明るい心こそが自己の出発点

人間は本来神であり、光である。自分が全く、幸福で生きたいと思うならば、何よりも先に、自分の心に灯を点さなければいけない。社会のためにことさら何かをしなくとも、まず自分の心に明るい灯を点すことが第一である。 自分の心に灯をかかげないでいて、...
スポンサーリンク