五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

言葉の重要性

投稿日:2015年4月26日(日)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

言葉なんかなんでもないと思っていたり、想念の重要性を無視していたりしたら、これからはとんでもないことになってゆきます。人間の想念が、これからの人類の運命を決定してゆくのです。

言は神なりき、の言の世界に、人類は一度還らなければいけません。それは肉体を脱ぎ、幽体を脱いでゆくというのではなく、肉体をつけたまま、幽体をつけたままで、想念意識として、まず言の世界の光明波動の中に投入してゆかねばなりません。

(中略)

今日までくると、人類は一度神のみ心にすっぽり還ってゆかないと、今日まで築き上げてきた地球の文化も文明も、あらゆる歴史も、永遠の闇の中に滅び去っていってしまうのであります。(中略)

この世の言葉を正しく使い、頭脳を駆けめぐる想念を神のみ心につながる方向に習慣づけてゆくことが、地球を完全な平和世界に築きあげてゆく光明の道なのです。

この世には本心を開発し、神仏との一体化を計る、いろいろの宗教がありますが、私の広めている道は、現在の日常生活をいささかも崩さず、この世だけの言葉を、言は神なりきの神の世界にまでひきあげる、世界平和の祈りの道なのであります。

五井昌久著『聖なる世界へ』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.