五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

神の子完全円満の一点張りで生きてゆこう

投稿日:2017年3月5日(日)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(前略)私の神様は、「心が悪い者をつくった覚えがない」と言うのです。

「わしはお前たちを完全円満につくったんだ、悪いものなんか絶対にない」と言うんですよ。

「勝手にお前たちがつかんで離さないだけであって、悪いものはない、みんな消えてゆく姿である」というわけです。

人間は神の子である、物質はないと、ある宗教団体でもそう言います。病気もないと言う。

ないと言っても今度は、「お前の心が悪い」と言うんでしょ。

どっからその心が出てくるの?

「いい」と言ったら言いっぱなしにしなきゃダメだね。

「いい」と言ったり、「悪い」と言ったりでは、どっちがいいんだかわからない。

だから、いいならいいで、神の子一点張りでゆきましょう。

人間神の子完全円満の一点張りでゆくんです。(後略)

五井昌久著『講話集〈2〉みんな救われている (講話集 2)』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.