五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

置かれた立場が霊位と一致しない人はこのように思えばいい(後半)

投稿日:2017年3月4日(土)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(つづき)だから皆さんが、もしこの世の地上の運命で、不遇であるとするならば、悪い人に使われ、いやな奴に使われている身であるとするならば、「イエスでさえも十字架を背負わされて、引きづられていったんだ」、そういうふうに考えたらいい。

あんな立派な人が道を引きづられていくんだからね。あらゆる嘲笑の眼、バカにした眼でみんなに見られているわけですよ。わかるでしょ。

だから自分がもし不遇な地位にあって、みんなにやられているとするならば、「ああ、キリストでもそうなんだ。私もそれだ」って、一人前のキリストになったつもりで思うんですよ。

十字架にかかったつもりで、「ああ、私は軽い十字架だな」と思っていけばいいんですよ。そうすると慰められますよ。

「キリストさえそうだったんだから、自分なんか当り前だ」と思えばいいんですからね。そういうもんなんですよ。(後略)

五井昌久著『講話集〈4〉想いが世界を創っている (講話集 4)』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.