五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

置かれた立場が霊位と一致しない人はこのように思えばいい(前半)

投稿日:2017年3月3日(金)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(前略)今の世の中、間違っているからね。悪いような人がいい人を使ったりしている。

霊界ではきちんと霊位の区別があって、霊位の高い方が上なんです。絶対に上なんです。

もう文句なしに霊位の高い方が上です。絶対に決まっている。

追いつこうとしたって追いつけないんだから、これは。(中略)

ところがこの世では、そういうことはない。

霊位の高い方が、低いつまらない奴に使われたりしている。

たとえばキリストの時代に、イエスが十字架を背負わされて、引きづられてゆく場面がありますよね。

イエスさんの信者は、「ああ主よ主よ」と言って崇めているけれども、信者じゃない者は、「なんだあのヤロウ、変な奴だ、偽坊主がはりつけになって行きやがった」と、こういうふうに馬鹿にしているわけでしょ。

ところが、バカにした人間だとかはりつけにかけたほうの人間とか、はりつけに決めた人間よりも、イエスのほうがズーッと立派で高い。けれど、引きづられてゆく時は、はたから見れば、その姿はみじめなもんですよ。(つづく)

五井昌久著『講話集〈4〉想いが世界を創っている (講話集 4)』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.